代表取締役

前田 恭吾
情報化が進展・拡大する中で、企業自体の存在意義や、そこに働く人々の価値観自体も変化しています。
私達は、どんなに時代や環境が変化しても人と人が直接かかわり出会う時には、満足を提供する応対や、相手のニーズに応えられる行動が常に求められているのではないかと考えます。
私達はコミュニケーションのあり方をより美しいものに変えて参ります。

取締役

渡部 真一郎
変化が厳しい今の時代に求められる経営は変化対応型の組織をいかに維持していくかが重要だと考えます。
『一定分野では他の追随を許さない専門性』また、他の分野でも一定水準の業務をこなすことのできる「専門多様型」の経営に他なりません。
企業の成長は、いかにこの「専門多様型」の組織体を構築、運営、維持を行っていけるのかが重要であります。
マーケティングを通じて、社会に貢献し、多くの価値を提供して参ります。

取締役

福本 政志
情報通信手段が急激に変化し、コミュニケーションのあり方も多様化している昨今、コールセンターはマーケティング戦略を実践するうえで、重要な役割を担っていると考えます。
私達は、ダイレクトな顧客接点として、顧客との対話から得た情報や要望をもとに、クライアント様の商品やサービス向上への提言を積極的に行い、
『信頼される確かな品質』と『付加価値』のご提供を行って参ります。

取締役

福本 政志
弊社の携わる業界は、規制改革や技術革新により、新たなサービスや価格概念が創出・更新される変化の激しい業界です。
弊社に於きましては、変化の中で常にその一歩先を読み、柔軟で、速度良い経営を心掛けております。
そのうえで、格好の良い経営ではなく、泥臭くても、各ステークホルダーにご満足・ご安心いただける健全な 経営を常に努めて参ります。