セキュリティマネジメントシステム体制

厳格な情報セキュリティ体制を構築

巡回調査

TETRA POTでは、執務室、管理室への出入りは全て入退室システムを導入しおり、専用セキュリティカードがなければ入室出来ません。例え、弊社従業員の場合でも、入室権限が割り振られているため、執務室のみの入室となっております。
合わせて従業員専用ストラップ、監視カメラにより部外者の不正入室の監視を行っております。
また、これらの入退室記録を保存し、厳重に入退室管理とモニタリングを行っております。

執務室へ持ち込み禁止となっている物品


セキュリティレベルを設け
執務室への入退室ログ取得とモニタリング

TETRA POTでは、取り扱う情報ごとにセキュリティレベルを設け、執務室を分け人員ごとに入退室の遮断を行う設計をとっております。
また、執務室は入退室システムにより全て管理・監視しており、入室ログおよび退室ログの自動取得と監視を実施しています。


通話録音システムと、通話モニタリング監視
通話内容を録音し、何らかの調査・確認が必要となった場合の為に内容をデータ保存しております。録音した通話はモニタリング管理部署が監視し、社内の品質向上のためにも役立ております。
また、管理者はリアルタイムモニタリングにより、通話内容を監視、分析し、即時応対の指示を出し、問題解決に繋げております。

外部への情報持ち出し防止

一覧表